読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とつとつとしてろうとせず

ひまつぶしにどうぞ。

数式の書き方覚え書き

 \displaystyle \int_a^b f(x)dx
という数式が書きたいならブラケット[]の中に次のように書く。
tex: \displaystyle \int_a^b f(x)dx
本当はコードをそのまま表示させたかったのだが、やり方がよくわからなかった。verbatim環境とかも使えなかったし。

追記:何かのソースコードをそのまま表示させたい場合、編集モードを「はてな表記」に変えた上で次のように書く。

>|| 
[tex: \displaystyle \int_a^b f(x)dx]
||< 

こう書くと、

[tex: \displaystyle \int_a^b f(x)dx]

こうなる。バーの間に言語名を入れるとシンタックスハイライト付で表示できる。たとえば、

>|tex| 
\documentclass{jarticle}
\begin{document}
\LaTeXの文章はこう書く。
\end{document}
||< 

なら、

\documentclass{jarticle}
\begin{document}
\LaTeXの文章はこう書く。
\end{document}

「>|tex|」の部分を変えれば他の言語でもできる。ただし、上のコードは「>||」記号が入れ子で使えなかったので、「>|| 」と全角スペースを入れている。「>||」「||<」は行頭になければならず、またその後に文字列が続くと無効化されてしまうようなので(他にやり方ありそうなものだけど)。