読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とつとつとしてろうとせず

ひまつぶしにどうぞ。

必然的な到達可能性

設定

神が朧気ながら保持している前世の記憶は、サハーに対する現実世界からの到達可能性の隠喩として理解できる。これはつまり、虚構世界に例外なく人間=読者が理解可能な言語を持つ射影としての存在者が住んでいることと同じことであり、虚構世界に到達可能性を導入するへの一つの設定の仕方なのだ。虚構世界に対して現実世界と写像関係が成り立つのはなぜか。それは論理形式を共有しているからである。これは現実から到達可能であるということのいい換えなのだ。神の記憶や旧世界という内実を採用するかどうかは作者のオリジナリティであり、自由裁量の範疇にある。しかし、フィクションには到達可能性を保証するものが含まれているのでなければならない。それは必要ではなく、必然である。