読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とつとつとしてろうとせず

ひまつぶしにどうぞ。

愚痴りたくもなる

雑記

艦これ最終話、一言でいうならヒドかったな。確かに今までの出来からして色々お察しではあった。それでも、終わりよければすべてよしの精神で最終話ぐらいはそれなりの仕上がりにしてくれるかとも思ったんだが、有終の美を飾るというわけにはいかなかったようだ。クソアニメとまではいうまい(いい意味でも悪い意味でも、そこまで突き抜けられた作品ではない)。でも、とてもじゃないが、及第点はあげられないな。
同じことを何度もいってるような気がするが、やっぱりどこまでいっても中途半端だった。無理矢理なゲーム台詞の挿入も、お寒いパロネタ・メタネタ・二次ネタも、何でノルマにしなきゃいけなかったのか最後まで理解不能だった北上大井ネタも、日常萌えギャグアニメ路線に絞ってやるならすべて許される範疇のものではあったと思う(ウケるかどうかは別として)。如月の轟沈を含む種々のシリアス展開は、提督も真っ青な賛否両論の悲壮なストーリーが用意されていたならむしろカタルシスにつながっただろう。でも、実態はどちらでもなく、またその両立に成功したわけでもない。
同じ艦隊ものでコラボイベントもやった蒼き鋼のアルペジオのアニメと比較すると、いうまでもなく完敗だわな。アルペジオ単体の評価はともかくとして、向こうはシリアスとギャグのバランスが絶妙だったし、戦闘シーンにはきちんと緊張感と興奮と、何よりかっこよさがあった。萌えと燃えが両立できていた(さすが岸監督)。
続編? 演出と脚本総入れ替えして、一期の話を全部なかったことにするなら見るかもな。というか、続編ありきならあんな詰め込みすぎの最終話にしなくてもよかっただろうに。大鳳を出した意味がマジでわからん……まぁ、いいか。どうせ似たような感想はすでに誰かがネットで代弁してくれているだろうから、それらを見て溜飲を下げるとしますかね。